Petty mag

ちょっとずつ頑張る雑記

日焼けするとすぐに赤くなる人と黒くなる人の違いは?

日焼けしたら赤くなる?黒くなる?

 

お久しぶりです。

ありえるです・・・!

 

 

この記事では

ずっと疑問だった「日焼けするとすぐに赤くなる人と黒くなる人の違い」について書いています!

 

赤くなることも黒くなることも同じ「日焼け」だと思ってきましたが、実は赤くなることが日焼けであって、黒くなることは厳密には日焼けとは言わないんだそうです。

 

この二つの日焼けは「しやすい人」というのが体質で決まっているので、赤くなるか黒くなるか違いが出てくるのです。

 以下でちょっと詳しく説明します!

 

 

紫外線を浴びて赤くなるのは「日焼け」

f:id:sayaka-arieru:20180630193027j:plain

 

日焼けとは紫外線で細胞が損傷し、炎症が起こっている状態のこと。

 

  • 赤くなってしまった
  • 皮がめくれてしまった

 

 

このような「日焼け」が正しい意味での日焼けです。

 

日焼けとは別の言い方をするとサンバーンとよびます🌞 

その名の通りサン=太陽バーン=炎症です。

 

ですので、海やプールで紫外線を浴びて背中が真っ赤になっているのはサンバーンしているということになります。

赤い日焼けは細胞が炎症を起こしているんです。

 

 

ちなみに

サンバーンは何度も何度も繰り返していくと皮膚がんの原因にもなるようですので、たかが日焼けと言わず健康のためにも日焼け止めを塗ったりして対策してほしいです!!

 

 

黒くなるのは実は日焼けではなくサンタン

黒い日焼けをした女性の背中

 

そして、ただ黒くなってしまうパターンはというと、よく「日焼けした」と言いますが、この日焼けは厳密には「日焼け」とは言えません。

炎症が起きているわけではないからです。

 

  • 体内でメラニン色素が大量生成されてしまった

 

この状態は正しくは日焼けではなく、サンタンといいます。

 

紫外線を浴び続けていると、肌が紫外線ダメージから細胞を守るために「メラニン」という黒色色素を体内で作り出します。

そのメラニン色素が皮ふを黒っぽく見せているのです。

 だから肌が「焦げてしまった」というわけではないんですよ🌞

 

 

ただし、炎症が起きていないからと言ってこちらもあなどることはできません・・・!

メラニンが大量に作られている=守りの体制に入った」ということは「ちょっと危ないよ?」という状態なのです。

 

 

日焼けするとすぐ赤くなる人と黒くなる人の違いは?

 

紫外線を浴びた際のメラニンを作る速さが関係するようです。

 

すぐ赤くなるひとは

メラニンが生成されにくい体質で、紫外線を浴びてからメラニンが生成されるまでに時間がかかり、細胞が紫外線ダメージを受けやすい。

 

 

すぐ黒くなる人は

メラニンが生成されやすい体質で、紫外線を浴びるとすぐにメラニンが大量生成されやすい。

 

 

 これはやっぱり体質みたいです。

 

すぐ赤くなる人は紫外線に対する免疫が弱いということにもなるので紫外線対策はしっかりしましょう!!

もちろん黒くなる人もケア大事です。

炎症がないからといって甘く見てはいけません・・・!

 

 

 🌞さいごに🌞

 

サンバーンこそが本当の日焼けであって、黒くなるサンタンは正確には日焼けではないのです!!

しかし、どちらにせよ強い紫外線を長時間浴びるというのは体に良くないことには違いありません!

これから海やプールでレジャーを楽しむことが多くなると思いますが老若男女気を付けないといけないですよ!!

 

 ちなみに

サンバーンしたあとのケアとサンタンになったあとのケアは方法が違うので注意です。

 

以上ありえるでしたー。