Petty mag

ちょっとずつ頑張る雑記

きらきらドラマが好きな理由

f:id:sayaka-arieru:20180509121027j:plain

更新日:2018/05/09

 

こんにちは、ありえるです!

突然ですがドラマは好きですか??

 

綺麗な女優さんが

貧乏人だったり

冴えない30代処女だったり

の役をしているドラマは好き嫌いがわかれますよね。

 

そういうきらきらドラマって

人によって感じるものがまったく違うんだと思います。

 

私はとてもプラスに受け取りながら観ているので楽しいのかもしれません。

 

この記事では

私がきらきらドラマを好きな理由を書いています。

観方を変えたら楽しめるのではないでしょうか?

 

きらきらドラマは観るだけで元気がもらえる

f:id:sayaka-arieru:20180509121042j:plain

仕事のモチベーションをあげてくれる

仕事を頑張るダメウーマンが主役だったりしますよね。

で、なんやかんや才能とか努力とか発揮してありえないくらい見違えるんです。

いやいやいやそんなこと現実にはあり得ないし!!

 

っていう目線で見てませんか?

そりゃありえませんよ。

 

「現実ではありえない」なんて目線で観ていると楽しめなくないですか?

そういう視線ではなくて

この人はこんなにきらきらしてて素敵だな~くらいの気持ちで見られたらハッピーです。

ドラマの中の人物を

アニメのキャラに焦がれるくらいの気持ちで見られないのはもったいないです。

 

 

今楽しく観ているきらきらドラマは「ラブリラン」

確かにありえません(笑)

3か月間の記憶をなくしていて、

その3か月間の間に30歳処女が卒業してキャラ変わるなんて。

 

詳しくは公式サイトご覧ください

 

でもこういうありえないポイントはひとまず置いておくんです。

 

中村アンちゃんかわいいなああこがれるなあ

こんなきらきらした恋愛したいなあ

メイクかわいいなあ着てる服可愛いなあ

明日も頑張ろ

 

くらいの緩い気持ちで観ます。

ファンタジー系の小説を読んでる感覚もあるかもしれません。

 

 

ドラマはファッションのカタログ

f:id:sayaka-arieru:20180509121055j:plain

そして今や

ドラマはファッションのカタログ動画みたいなもんなのかもしれません。

 

みんなめっちゃかわいいですよね。

石原さとみが主演で出ていた「校閲ガール」なんかは得にそんな感じでした。

 

インスタでえっちゃんのコーデが公開されていたので

毎回チェックしてましたね。

(Lily Brownの花柄刺繍のニット流行ったなぁ・・・)

 

黒のショートブーツとカラフルなロングスカートの組み合わせに目覚めるきっかけを与えてくれたドラマでした。

 

 

ようするにきらきらドラマは現実逃避に使おう

現実と比べないで軽い気持ちで観るものだと思います!

きらきらドラマは現実逃避なんです。

もしくはきらきらのカタログ。

 

せっかく観るなら批判とかしないで楽しめる観方を見つけられたらいいですね。

 

以上ありえるでした~☆