Petty mag

ちょっとずつ頑張る雑記

【初めてのひとり飛行機】ジェットスターに「オプションなし」で乗ってみた

大阪から北海道へ行ってきました、ありえるです!

声優さんのライブと観光で北海道に行ってきたんですが、今回が初めてのひとり飛行機でした。

これまでは親や友達が手続きなどいろいろしてくれていてただ乗るだけだったのですがひとりなのですべて自分でやらなければなりません。

持ち込みの荷物の重さ、搭乗の流れ、荷物検査などなどめちゃくちゃ不安でした。。。

 

というわけで、この記事では私が不安に感じたことを書いていきます。

具体的には飛行機に乗った際の手続きの流れや荷物のことです。

ちなみに私は関西(国際)空港から新千歳空港までジェットスターに乗りました。

帰りは新千歳空港から関西(国際)空港までPEACHに乗りました。

 

ジェットスターオプションなしの手荷物重量「7キロ」は難しいのか?

答えは難しくない!です

今回、私は3泊4日の予定で荷物をまとめたのですが、最後に荷物を測ったときは2.8キロくらいしかありませんでした!!

 

しかも荷物制限にかかりたくない一心で必要最低限の荷物だけ持っていったのでかなり無駄のない荷物になり、持ち歩きも簡単でした。

 

そんな私の持っていった荷物はこちら

※測って記録したものに関してのみ()で重量を記載しています。

グループの重さは袋など入れたものの重さも含まれています。

 

【トートバッグ(260ℊ)】

化粧ポーチ(140ℊ)

(クリームチーク、パウダーファンデーション、アイシャドウ、アイライナー、アイブロウ、リップオイル)

  

日用品(310ℊ)

コンタクトレンズ、カミソリ、洗顔料、クレンジング剤、ヘアオイル、化粧水、乳液、ふき取り化粧水、ヴァセリン、日焼け止め、綿棒、コットン)

 

ハンカチ2枚(80ℊ)

 

下着3日分(590ℊ)

(GUのスポーツブラ3枚、パンツ3枚、ヒートテック2枚、靴下3足)

 

着替え1日分(480ℊ)

 (ワンピース、薄手のニット)

 

コテ(170ℊ)

 

【ポシェット】(850ℊ)

カードケース、(クレジットカードや免許証など)、財布、鏡、バッテリー、ティッシュ3パック、ハンドクリーム、目薬、Walkman

 

合計2.88キロ

ペットボトル、ごはん、本など

 

 

重要なポイントはカバンやポーチ、袋の重さも考慮することです!

ビニール袋にも重さがあるのでどうしても小分けにしないと気が済まないなら別として袋の数も減らすことで軽くできます。

私は洗濯ネットに下着などをつっこんでいきました。

洗濯するかもしれないときは洗濯ネットを袋替わりにして持っていくと1袋分減らせます。

 

また、化粧品や日用品は試供品やもう残りわずかな量で使い切って捨てて帰れそうなものを持っていきました。

 

下着は荷物に余裕があったので一応3日分持っていきましたが、洗濯するという手段もありますね。

着替えはよっぽど汗をかく旅でもなかったので1着で行けるなと思って1着で行きました。その分着回しのきく服を選んでいきましたよ。

 

ポシェットの中身が意外と重たくなりました。でも財布も整理して必要最低限でした。

 

結局全部測ったのにあとから増える荷物

せっかく測って入れていたのに前日の夜寝る前になって、余裕あるしやっぱり下着3日分入れよとか、アレ換算してなかったってなんだかんだ荷物が増えました。

アホすぎる。

これはあれですね。

一番最初は必要最低限なんて考えないで、まずは必要だと思うものを片っ端からまとめてみて測ってみて余裕だったらそのまま持っていく

もしくは

その中から絶対に必要というわけではないものを削っていく

方がよさそうです。

最初から最低限で考えると私のようにあとから「こんなけ余裕ならあれも入れよ♪」とか言ってもう測るのもめんどうだけど大丈夫ってどんどん入れてしまってぐちゃぐちゃになります。

そして当日になって不安になるのです・・・(笑)

ご注意を!

 

搭乗当日、果たして荷物大丈夫なのか…?

もちろん大丈夫でした!!

直前になっていろいろ測らずに足してしまったり、ペットボトルとかお昼ご飯とか測るの忘れていましたが3キロちょいしかなく、余裕ありすぎでした。

 

というかびっくりしたのですが、荷物の重さやサイズを測られるようなことは一度もありませんでした!!

荷物って別に測られないんですかね?

荷物の重さをいつ測られるのかわからなくて、逆に不安でした(笑)

ジェットスターは搭乗のチェックインをアプリで済ますことができるので、ジェットスターの窓口に行かずに直接保安検査場へ向かってしまい、難なく搭乗口まで行けてしまったのです。

その後、測ってもらうタイミングもなさそうで、降りてから測られるのかな?なんてアホなことまで考えました・・・( ^ω^)

 

結局乗っても降りてもどこでも測られず、あれれぇ?(拍子抜け)

 

結局荷物の重さってどのタイミングで測る?

あれっていつ測られているんですか??

わざわざ測られないものなのでしょうか?(笑)

今回、関西空港から新千歳空港までをジェットスターのオプションなし7キロの手荷物で挑んだのですが、1度も測るなんてされませんでした。

自分で荷物の重さを測る機械は空港内に設置されているので、保安検査場を通る前に自分で確認することは出来たのですが、飛行機に乗る前に測定されたりはしませんでした。

ネットで調べたらサイズや重さの規定がジェットスターは厳しいとの意見が多く書いてあったのでそわそわしたのですが、何もなくてそわそわでした

あからさまにでかい・重いと指摘されるのでしょうか?

私はごく普通のA4サイズのトートバッグだったのですがそのトートバッグに7キロ以上の荷物は入らないだろうということなのでしょうか?

何はともあれ、あまり気にしなくても大丈夫だということが分かってすっきりしました!

 

 

飛行機初心者が不安な手荷物のこと

  • 保安検査場でカバンの外に出しておくべきものは?(国内線)

電子機器類と飲み物など

具体的にはケータイや充電器、ミュージックプレーヤーやPCなどの電子機器、飲み物は蓋のできるものですね。

これらの荷物は、本当は荷物の中でも問題はないようですが、確認が入ることが多い(ほぼ入る)のでスムーズに確認してもらうために、あらかじめカバンの外に出しておくのだそう。

「荷物の中、調べてもいいですか」って言われると下着とか入ってるのにカバンの中開けられますからね、出しておくべきですね!

 

  • 剃刀は持っては入れる?

普通のカミソリは余裕で持って入れます。

小学生の時に飛行機には刃物系は持ってはいれないみたいなことを知って修学旅行でカミソリ持っていけなくてつらかった思い出があったのですが、持って入れたんですね~(毛深い)。

特に検査に引っかかることもないので荷物の中に入れたままでおっけーでした。

 

  • コテ(充電式のアイロン)は持って入れる?

持っていけます。

ただし、カバンに入れる前にバッテリー・電池の種類を確認してください。

リチウム電池が使われている場合はコテから外して保管しておきましょう。仮に検査時まで忘れていても、保安の方に「荷物調べてよいですか?」と聞かれるので、その際に外してくださいますが手間になりますし分けて保管しておくことが無難です。

検査の際は電子機器と一緒にかごに出しておいたほうがスムーズかもしれませんね。

 

 

ジェットスター国内線乗るまでの簡単な流れ

おうちで荷物の重さサイズのセルフチェック

ケータイでチェックイン

2時間まえくらいに空港へ

保安検査場で荷物チェック

(搭乗券を確認してもらうので用意。ジェットスターはアプリの画面見せた)

搭乗可能時間までロビーで待機

搭乗券(搭乗の際にチェックインで使った印刷物やアプリ)で搭乗手続きして飛行機に乗る

出発〜

終わり〜

 

 

まとめ:キャリーケースじゃなかったらまず7キロをオーバーしない

 持ち込みの荷物の重さについて重要なポイントはカバンやポーチ、袋の重さも考慮することだとお伝えしました!

キャリーケースってそれ自体が重いので3泊の荷物の重さ+キャリーケースの重さになってしまってぎりぎりなっちゃうんじゃないでしょうか?

今回の私のようにトートバッグで持っていけばカバン自体の重さはそれほどです。

帰りのお土産もカバンに入る分だけですがいっぱい持ち込みOKです!

 

旅の荷物は少なくても案外いけます。

歯ブラシもホテルのやつ使うとか使い捨て買えばいいし。

ひとによって譲れないものは違うと思いますが必要最低限を持っていくことを意識するといいのではないでしょうか٩( ''ω'' )و

 

また初めての飛行機、ひとりでの飛行機はちょっと勇気がいると思います。

でもそんなに構えなくてよかったです!

ビビりの私が保証します。

 

ひとりで一通りのことをこなすとなんだかプロフェッショナルになった気になりますね!

また日が空くと忘れちゃうんですが、いい経験になりました(笑)

これからは友達に「国内線は任せて!」くらいの気持ちで行けそうです。

 

それではご旅行楽しんでください!

以上ありえるでした~☆