Petty mag

ちょっとずつ頑張る雑記

ニキビ用化粧水の効果って実際なくない?

こんばんは。食生活を整えることが必要だとわかりながら今日もお腹いっぱい好きなものだけ食べてすごしました。

一昨日からずっと日本化粧品検定の勉強として皮膚の構造のこととかニキビについてまた調べてたんですが、ふと疑問に思ったんです。

 

結局ニキビに効く化粧品って何がどういう意味で効いてるんだ・・・?

※以下の内容勉強中につき正しくない解釈があるかもしれません。

 

 

ニキビ初心者より

 

以前書いたニキビ初心者の記事の内容をまとめると、

大人ニキビの原因は、日々のストレスやら甘いものの取りすぎやら運動不足やら睡眠不足やらであふれた生活のせいであることが大きい。生活を直していくことが私の課題である。そして、油分を含まないような化粧品『オイルフリー』『ノンコメドジェニック』な化粧品を使っていかないといけないと学びました!!

 

でもそういえば、なぜそういう生活がニキビに悪いのか考えてなかったですね。

いや、まあ大体予想は付くのですが納得の内容を今回は勉強いたしました・・・( ^ω^)

 

そもそもなぜ不規則な生活がニキビに影響するのか?

 

お肌の表面の話

 

お肌って毛穴がある。

毛穴は皮脂を分泌する。

皮脂は肌を守るために出ている。

 

⇒肌の表面は自分が足してる皮脂や汗でできた皮脂膜ってやつが最前線で肌を守っている!!

皮脂膜は汗と油でできているベールみたいなもんだから洗えば落ちる!

(そしてまた毛穴から分泌されて肌を包む)

 

皮脂膜の下には細胞がある

角層(角質層)っていう肌のバリア係みたいなやつ

その下には角層より1段階新しい細胞、その下にはまた1段階新しい細胞って続いている。

⇒角層は最後はめくれて角質になってさよならするっていうのが肌では起こっているらしい。

 

 

つまり

肌の表面には皮脂膜っていう皮脂と汗でできた膜があって、その下には古い細胞が、内側へ行くにつれて新しい細胞があるという感じ。

よく聞くターンオーバーって聞くけど、ターンオーバーはこの肌表面に一番近い部分で起こっているらしい。

 

 

不規則な生活がお肌の生活も乱す 

 

 不規則な生活をするとお肌が頑張って毎日毎日ターンオーバーで変わっていくのを邪魔してしまう。

例えば、食生活に偏りがあると内臓とかいろいろ身体に悪い。

チョコレート食べ過ぎとか。今の私。

それは皮膚にも影響があって、

皮脂がちょっと多く分泌されてしまうとかそんなささいなことに影響する。

 

なんでちょっと多く分泌されたりするのか?

食べ過ぎで胃が荒れるのと同じで肌も荒れる。

ということで乾燥したりして荒れると、肌を守ろうと思って皮脂膜を強化するために多く皮脂が出てくるらしい・・・

ホルモンの乱れとかなんかそういうこともいろいろ関わって肌のターンオーバーがうまくいかなくてべとべとの肌になるんですね・・・

 

この状態が続くとニキビの原因になる。

 

他の例でいくと、

汚れの放置

⇒ばっちいから皮膚が細胞を守ろうとしてバリアである角質層を分厚くしようとする

⇒毛穴がふさがる

⇒毛穴の中で皮脂がつまる

アクネ菌とかが増える

⇒ニキビィ

 

つまり

皮脂自体はほんとは悪い奴じゃなかったんですね、皮脂って実はめっちゃいいやつでした。

 

ただ、

皮脂の分泌が多いと

毛穴が詰まりやすくなる

⇒毛穴の中で詰まった皮脂はどんどん酸化していく

⇒皮脂とか参加したら黒くなって黒ニキビになるらしい。毛穴が黒いやつ

⇒つまった毛穴の中で皮脂をおいしくいただける系のアクネ菌が増え始める

⇒ニキビになる

 

さらに悪循環の例もあって、

皮脂の分泌が多いと

気になって洗顔めっちゃするようになる

酵素とか皮脂を抑える効果のある化粧品を使うようになる(肌にとって刺激的)

⇒無理に抑えようとして返って「もっとぉおぉぉおお!!もっと守らなきゃあああ」と皮脂が分泌されるようになる

⇒表面は油まみれなのに中の細胞は乾燥しきっているインナードライ肌が完成する

=わたし。

 

皮脂としても悪者にされて迷惑な話です。

 

 

究極のニキビ予防

だから究極の話、ニキビを予防するには

ちゃんと健康的な生活をしてたらいいはずなんだ

できなかったとしても

適度に優しい洗顔を続けて、皮脂が詰まらないように清潔にする

しっかり保湿する

それだけでいいはずなんだ

酵素洗顔やピーリングだって適度にやって、そのあとめちゃくちゃ保湿していけば味方になってくれるはずなんだ

 

まあそうはいかないんですね~~。

そこですがる思いで薬用ニキビスキンケア商品の登場です。

 

 

ニキビに効く化粧品って何がどう効いてるのか?

 

ただ、

ニキビ専用のスキンケア商品って効果なくない???っていうのが素人の私の感想。

医薬部外品になっているキンケア商品には有効成分とか書いてあるものがあって

、それがニキビに良いっていうことは知っているのですが、どうニキビに良いのかしらないって思ったので成分について調べてみました!

 

ニキビ予防における医薬部外品の有効成分

イオウ

 殺菌・角質軟化・乾燥

ゾルシン

 殺菌・角質を溶かす

サリチル酸

 角質を溶かす・殺菌

エストラジオール(エチニルエストラジオール)

 皮脂の分泌を抑制

グリチルリチン酸2K

 炎症の鎮静

アラントイン

 炎症の鎮静・肌組織の修復・抗アレルギー

イソプロピルメチルフェノール

 背中ニキビの原因のひとつであるマラセチア菌も殺菌

ベンザルコニウムクロリド

 殺菌(強めなので主に洗い流すタイプのものに使われる)

 

 

ニキビスキンケア商品はあくまで「予防」

 

アクネ菌を殺菌して増えないようにする、今ある軽いニキビの炎症を抑える。

これらの有効成分が含まれているものを使っても根本原因が解決されるわけではないからあくまで「予防」だということです!

効果がないと思うのはとどのつまり生活から変えていかないとだめだってことですね。

 

また、成分を調べてみて、皮脂を抑える効果のあるものや、角質を溶かす効果のある成分が含まれるものは大人ニキビの私にはおすすめできないことがわかりました!

皮脂膜や角層など肌を守ってくれている皮膚を痛めて逆に刺激を与えちゃうこともあるようです。

⇒表面オイリーで内側ドライになってまう

もしそういう角質を溶かす!みたいなやつとか、皮脂の分泌を抑える!!とか書いてある刺激になるような成分の含まれるものを使う場合はヒリヒリしたり赤くなったらすぐ使うのを辞めるとか、大丈夫でも使った後はちゃんとしっかり保湿するとか、にきびをやっつけることだけにならないように気を付けないといけないのです!!

 

 

考察?

 

今回自分で成分を調べてみて、ニキビ用のスキンケアとひとくくりに言っても、ものによって全然効果が違うんだなっていうことがはっきりわかりました!!

例えばファンケルのニキビケア商品にはイオウが入ってるけど自分が使うと乾燥してしまうんじゃないか?とかでもその分保湿力の高い成分も一緒にはいってるから大丈夫じゃないか?とか成分って考えたらきりがないなあと途方もない気持ちにもなりました(笑)

でもでも、

単ににニキビできた、妹がニキビ用使ってたから借りちゃおうは結構怖いことなのかな??という意識が芽生えました!薬と一緒か??

一日二日なら何とかなるかもしれませんが、体調が少し悪かったとか生理中とかでも結構お肌の調子変わるじゃないですか、それを考えたらやっぱり注意して使いたいですね!!

 

私の場合はインナードライ肌で大人ニキビの年齢になっているので、あまり皮脂が出ないようにしすぎたり、角質を取ろうと思ってきつい成分の入った洗顔をしたりすると逆効果になってしまうのですが、いちいち成分が~とかいってたらめんどくさい日もあるので、

 

・あんまり刺激的な成分のものだけは使わないようにする

・毎日刺激的なものを使うのはやめる

・保湿はしっかりする

・いつもと違うものを使うときはちょっと気にする

そんなことよりも生活を変えて、肌本来のバリア機能を正常な状態に戻すことが根本のニキビ解決になるのだ!!

 

くらいに考えて生きていきたいと思います!

角質取れたほうがつるつるの肌になるからAHAの洗顔とか、かみそり使う(産毛そるのと同時に角質もはがせる)のめっちゃすきやったけど刺激になるってことがわかったのでもっと注意してやっていこうと思いました!気付いてよかった!!

 

まとめ

 

皮脂はただ迷惑なやつではなかった!肌を守る最前線のヒーローでした。

でも、自分の生活やストレスうんぬんで正常に分泌されないとニキビの原因のひとつになってしまいます・・・

肌が荒れるのは内臓が荒れるのと同じ。ニキビはやっぱり根本原因を解決しないといけないんですね。

根本原因を改善しようとせずに、ニキビスキンケア商品で表面で起こっている問題(皮脂過多とか角質が詰まった状態)だけ改善しようとしてしまうといけないみたいです!

ニキビ用の化粧品はあくまでも「予防」!!

逆に成分によっては乾燥を招いてもっとひどいインナードライ肌になってしまうこともある\(^o^)/

 

思春期ニキビとはもう違うんだよ。乾燥とか別で気を付けないといけないことが大人ニキビにはあるんだよってことに大人は気付かないとですね。

 

 

参考サイト

ニキビ研究所

ニキビケア大百科

大人ニキビくんさよなら

 

参考書籍

日本化粧品検定2級・3級対策テキスト